公開日:   更新日:

『変ラボ』でも使った!スマホで動画を撮るときの小技

[ P R ]  
 
この記事をシェアする

 

こんにちは、銀三郎です。

 

以前『変ラボ』という番組で「スマホですごい映像は撮れるのか?」という回に出演させていただきました。

 

henlabo

(画像: 日本テレビ「変ラボ」5/12放送分より)

 

そのとき使用したアプリは別記事で書いたんですが、今回はアプリではなく、撮影段階での小技をご紹介します。

 

大きいカメラでは難しいこともありますが、スマホ以外のカメラで撮るときにも使える技法があります。

 

 

手や物でレンズを覆う

 

カットの始めと終わりに、レンズを手や物で覆い、それらを繋げて場面転換などします。

「リヴィールフレーム」という技法です。

 

例1:かえる旅「KAERUTABI From HAND To HAND」

途中で僕も登場します(^^)

 

 

例2:ドーナツセルフィー

 

 

振る

 

手ブレって基本的に良くないイメージがありますが、ここぞというタイミングで振ることで、勢い、迫力、臨場感を出せます。

 

例1:おおぜきれいか ちゃん

Vineで有名なれいかちゃんはスマホ振りの達人。

 

例2:場面転換

カットの始めと終わりに、カメラを少し素早く一方向に振ります。

それらのカットをつなぐと、スピード感のある場面転換などができます。(「スイッシュパン」という技法)

swish-pan

 

旅行に行ったときなど、いろんな場所で撮ってつなげたりするといいかも。

(振る方向に気をつけないと、うまくつながらないので注意)

 

 

振り回す

 

さっきの「振る」の進化系。

スマホにヒモをつけて振り回しながらスロー撮影すると、バレットタイム*風になります。

(*映画「マトリックス」で、のけぞりながら銃弾をよけるシーンみたいなやつ)

 

 

少しの手間と、スマホを振り回す勇気が要りますが、ぜひ一度挑戦してみてほしいです。

 

『変ラボ』ではNEWSの小山さんが、上半身裸で頑張って振り回してくれました。笑

 

これをするためのスマホの土台はこちらのページで無料ダウンロードできます。

 

 

物に取り付ける

 

軽いスマホの特性を活かして、人にはできない動きを実現させます。

 

・エアクッションをつけて投げる

フラフープにつけてまわす

・ラジコンにつけて走らせる

風船に付けて飛ばす

 

などなど…。

 

壊れない程度にいろんなものに取り付けて動かすと、おもしろい動画が撮れると思います(^^)

※壊しても責任は負えません…m(_ _)m

 

 

おわりに

 

手でなんとなく持ったり、三脚で固定したりしがちなスマホ動画。

 

今回ご紹介したような小技を少し取り入れるだけで、いつもと違った動画が撮れるようになるはず!

 

今度スマホで動画を撮るときは、ぜひぜひ挑戦してみてください(^^)

 

 

 

iPhoneのケースなら個人的に「ゼロショック」シリーズが一番オススメです。

今はiPhone5を使っているんですが、いろんなケースを取っ替え引っ替えしてきた僕が、唯一「新しいスマホ買ったら、またゼロショックのケース買おう」と決めているケースです。

 

この記事をシェアする

スポンサードリンク