公開日:   更新日:

嫁さんを『孫子』の兵法を使って倒す

この記事をシェアする

 

– この記事はスマホアプリ「戦国炎舞 -KIZNA-」のPR記事です –

 

↓ダウンロードはこちら↓


 

 

 

 

みなさん、

 

 

 

毎日戦ってますか?

 

 

 

こんにちは、銀三郎です。

gin-takeda1

 

 

ビジネスにスポーツ、ゲームや恋愛…

 

 

この世はとかく戦うことが多い。

 

 

もちろん戦わずにすむのが一番ですが、そうもいかない時があるものです。

 

そんな時、適切な戦い方を知っていれば、どれだけ戦いを有利に運ぶことができるのか。

 

 

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

 

という言葉もあるように、僕は現代にも通じる戦い方を歴史から学ぶことにしました。

 

※しばらく長めの前置きが続くので、「嫁との戦い」がすぐ見たい方はここから飛んでください。

 

 

その男、甲斐の虎

 

日本の歴史の中で「戦い」と言えば戦国時代

 

この時代にヒントがあると確信した僕は、いろいろ調べるうちにある人物にたどり着きました。

 

 

戦国最強の騎馬隊を有し、

 

「甲斐の虎(かいのとら)」と呼ばれ恐れられた武将

 

武田 信玄

takeda-shingen

 

現代でも人気の高い武将の一人で、優れた軍略家としても有名です。

 

戦でも強く、外交面での駆け引きや国を治める統治力も高かったという彼は、一体何からその戦略を学んだのか。

 

 

それは

 

 

兵法書の『孫子』だと言われています。

 

DSC_0130

(参考: 3分でわかる織田信長)

 

 

兵法書『孫子』とは

 

中国春秋時代の思想家 孫武の作とされる兵法書。(諸説あり)

戦争を有利に進めるための本だが、現代のビジネスやスポーツ等でも応用できる教えが多い。

 

かのナポレオンビル・ゲイツも、孫子の兵法を学んだという。

(参考: はじめての三国志)

 

つまり

 

『孫子』から学んだ戦略を使えば、

 

人生のあらゆる戦いを有利に進められるのです。

 

 

嫁さんに戦いを挑む

 

さっそく本を購入して勉強しました。

DSC_0131

 

正直、最近のビジネス書は「仕事にも応用できる!」と無理矢理こじつけているのかと思いましたが、本当に現代にも活かせそうな教えがたくさんあります。

 

せっかく学んだこの戦略、さっそく試してみたい…!

 

 

ということで、孫子の兵法を使って

 

 

嫁さんと戦いたいと思います。

yome-toujou

 

 

勝負の内容

 

みなさんはこのゲームをご存知でしょうか。

 

 

「CCレモン」「せんだめ(千溜め)」「ドラゴンボール」など、地域によってゲームの名称が違ったり、ローカルルールが存在するようです。

 

【ルール】

・手を2回叩いた後に「溜め」「攻撃」「防御」を選択。

rule

 

・1回「溜め」ると、次ターン以降「攻撃」が1回できる。相手が溜め中に攻撃できれば勝ち。

 

・3回「溜め」ると、防御無視の「強攻撃」ができる。勝ち確定。

 

なお、今回は三本勝負して、二本先取した方が勝者とします。

 

 

一回戦

 

孫子の教え1:

chikei-01

 

 

DSC_0128

銀三郎:今日は暑いから扇風機出そう。

 

嫁さん:そんなに暑くないよ?

 

(扇風機:ピッ[強] )

 

DSC_0122

 

嫁さん:えっ、寒っ!

 

 

【狙い】

自分が扇風機の風上に立ち、相手を凍えさせる戦法。

相手は寒くて自然と「防御」のポーズをとってしまい、溜めや攻撃ができない(はず)。

 

【結果】(動画の長さ:26秒)

 

狙い通り、敵が寒がって(?)防御ポーズをとるうちに、力を溜めて強攻撃を打てました!

※地域により、強攻撃は通常攻撃とポーズが異なることもあります。

 

 

二回戦

 

孫子の教え2:

kidou-02

 

 

銀三郎:次も3回溜めるまで攻撃しないから。ほんとに。

 

嫁さん:……。わかった。

 

 

【狙い】

また「強攻撃」を狙っていると見せかけて、通常攻撃で速攻で倒す。

 

【結果】(動画の長さ:29秒)

 

どうやら今回の作戦は読まれていたようですが、嫁さんが一定の行動パターンを繰り返していることに気づき、そこを突いて見事勝利。

 

「敵を知ること」も『孫子』の教えの中の一つです。

 

 

三回戦

 

一応2本先取したから僕が勝ちなんですが、嫁さんがどうしてもというので、もう一戦しました。

 

(動画の長さ:20秒)

 

勢いで勝てると思って適当にやってみたのですが、必死になった嫁さんに「強攻撃」をかまされてしまいました…。

 

孫子の教え3:

oitsume1-04

 

 

まとめ

 

『孫子』の兵法は、ちゃんと学んで活かせば現代でも役立ちそう。

何事も戦略を立てつつ、臨機応変に対応することが大事。

 

 

PR

 

今回の戦いと同様、戦略がカギとなるゲームアプリ「戦国炎舞 -KIZNA-」

プレイヤー同士で連合を組み、なんと最大20人のリアルタイムバトルが楽しめます。

IMG_1600

 

「攻撃」「計略」「回復」等を適切に選択し、合戦を有利に進めていきましょう。

僕もまだまだ初心者ですが、しっかり戦略を立てて成り上がるつもりです。

sengoku-play

 

 

ちなみにゲーム内の武田信玄がこちら。

 

card-takeda

 

 

いやカッコよすぎだろ。

 

takeda-shingen

 

gin-takeda1

 

 

– おわり –

 

↓「戦国炎舞」のダウンロードはこちら↓

 

この記事をシェアする

 
スポンサードリンク