公開日:   更新日:

『変ラボ』の動画で使ったアプリまとめ

この記事をシェアする

 

こんにちは。銀三郎です。

 

先日、日本テレビ『変ラボ』というバラエティ番組に出演させていただきました。

 

「スマホですごい映像は撮れるのか?」をテーマに、NEWSの小山慶一郎さんと一緒に短編映像を作るという内容です。

 

henlabo-gin

(画像: 日本テレビ「変ラボ」5/12放送分より)

 

撮影は全てスマホのみで行われ、僕が担当した編集部分も全てスマホで行いました。

 

視聴者の方から「アプリを教えて」との声をちょこちょこいただくので、僕がこの企画で撮影・編集に使ったアプリをご紹介します。

ぜひみなさんもこれらのアプリを駆使して動画を作ってみてください!

 

 

合成・エフェクト系アプリ

・MSQRD(無料)

msqrd

 

小山さんが一番気に入って遊んでたアプリ。顔に追従したマスクをかけられます。

msqrd-ba-chan1

(※僕です)

最近 流行りの、2人の顔を入れ替えるエフェクトも面白いです。


・ALIVE(無料)

icon175x175

 

爆発や電気、煙などのエフェクトを追加できる。

ある程度は被写体の動きに合わせてエフェクトも動かせる。

操作方法は別の記事で詳しく紹介しています。


・Video Star(一部有料)

400x40000bb

 

初めてこのアプリと出会った時、度肝を抜かれたアプリ。

クロマキー合成、キーフレームアニメーション、炎や煙の合成などができる。

smoke-kansei

使い方がわかるまではかなり難儀するけど、使いこなせれば色々おもしろい動画が作れると思う。

操作方法は別の記事で詳しく紹介しています。


・Fx Guru(一部有料)

fxguru-icon

 

テレビのスタッフの方が「今時のスマホってこんなのが合成できるの!?」って一番驚いてたアプリ。

ビームやらロボットやらモンスターやら、かなりクオリティの高いCGをド派手に合成したい方にはオススメ。

fx-gru-sample

多少の手ぶれは検知して、違和感なく合成してくれます。

 

 

編集系アプリ

・Cute CUT Pro(有料)

cute-cut-pro

 

動画をカットしてつなげたり、音を重ねたりといった編集はiMOVIEとか他のアプリでもできますが、個人的に一番使いやすかったのがこれです。

 

無料版のCute CUTもありますが、機能制限があったり、動画内に「Cute CUT」のウォーターマークが入ります。


・Slow Fast Slow(無料)

slow-fast

 

動画の再生速度を自由にいじれる。

スローから一気に早くするなど、映像に緩急をつけられる。

 

どんどん登場するアプリ

 

動画編集アプリやエフェクトがかけられるカメラアプリが最近どんどん登場しています。

 

番組では使わなかったけど、上記のもの以外にもオススメのアプリがあるので、今後また紹介していきたいと思います!

 

この記事をシェアする

 
スポンサードリンク