アプリ「Video Star」のエフェクトの使い方【炎や煙の合成】

この記事をシェアする

 

←前回の記事【キーフレームアニメーション編】

 

今回はスマホアプリ「Video Star」で、炎や煙の合成をしていきます。

 

炎などが合成できるアプリって、スタンプみたいに画面上に置くだけのものがほとんど。

 

たまに動かせるものはあっても、かなり軌道やタイミングが制限されます。

 

その点、Video Starは自由度の高い設定ができてオススメです。

 

 

作例

 

せっかくなので、また前回使った動画を使います。

 

松崎しげる人形に煙を加えます。

 

smoke-kansei

 

 

必要な課金

 

まずVideo Starで炎や煙を合成するのに必要な課金は以下の通りです。

(※価格は2016年5月12日現在)

 

炎!: 240円

キラーキネティックス: 240円

素晴らしいリエフェクター: 360円

 

・ビデオインポートキット: 240円

・ビデオレイヤーケーキ: 360円

 

レイヤーを3〜5枚重ねる場合は、追加で

・ビデオレイヤープロアップグレード: 360円

 

 

必要な素材

 

・背景となる動画1本

background

 

 

手順

 

動画を読み込むまでの手順は「キーフレームアニメーション編」と同じです。

 

1.動画を読み込んだら「再エフェクトクリップ」を選択

(※使うには「素晴らしいリエフェクター」機能の課金が必要)

IMG_1569

 

2.下のエフェクトをスクロールして「新fx」を選びます

IMG_1570

 

3.人型のマーク→「Sparky」→「∧」を押して煙を選択

IMG_1572

 

4.試しに画面をなぞってみましょう。煙が描かれるはずです。

(「∧」横にあるインジケータを動かして、煙の大きさを変えられます)

smoke-sample

 

5.画面右の「∨」を押してエフェクトのウィンドウを閉じます

 

6.画面左の「再エフェクト」ボタンを押すと動画が再生されるので、松崎しげるの動きにあわせて画面をなぞり、煙を描いていきます。

smoke-demo

 

7.自動で録画は保存されるので、あとは「完了」を押して完成です。

 

 

おわりに

 

とりあえず僕が苦労した

 

クロマキー合成(レイヤー重ね)

キーフレームアニメーション

・炎、煙の合成

 

以上の3つのやり方をご紹介しました。

 

Video Starはエフェクトの組み合わせいろんな演出ができます。

また質問とかあれば気軽にTwitterとかでリプもらえればと思います!

 

– Video Starで炎、煙の合成編 おわり-

 

Video Starのダウンロード(iOS)

400x40000bb

 

 

この記事をシェアする

銀三郎が使う動画・画像編集ソフト
Adobe Creative Cloud
スポンサードリンク