公開日:   更新日:

polcaで支援を募って一週間の現状と感想

[ P R ]  
 
この記事をシェアする

 

こんにちは、銀三郎です。

 

現在、全財産を投入して買った土地にテントを立てるべく、

polcaで資金調達を行なっています。

 

ご支援いただいている皆さま、本当にありがとうございます。

引き続き応援よろしくお願い致します。

 

polcaで企画を公開して1週間ほど経つので、

現状と感想を書こうと思います。

 

現在の支援総額

この記事を書いている今の支援総額は、28,500円

 

目標100,000円に対して約29%のご支援をいただいています。

 

polcaはクラウドファンディングと少し性質が違う*ので

単純にあてはまるかはわかりませんが、

クラウドファンディングでは

 

最初の1週間で目標金額の25%以上を集めることができると、プロジェクトの達成率は5倍に上る

参考:クラウドファンディングカンファレンス

 

と言われているそうで、1つの指標として参考にしつつ、引き続き目標達成に向けて頑張ります。

 

*CAMPFIRE(クラウドファンディング)とpolcaの違い

 

この記事公開後、最新の支援総額はこちらから見られます↓(polcaのアプリから)

 

> 現在の支援総額を見る <

 

お返し(ダンス動画)について

ご支援へのお返しは、僕がダンスが得意ということもあり、

「ご支援いただいた額に応じて、全力で感謝のダンスを踊る」

にしています。

 

動画の長さは0.003秒×支援総額(300円で約1秒)なんですが、

 

現在の28,500円だと85.5秒(1分25秒)踊ることが確定しています。

 

 

ぜひいっぱい踊らせてください!笑

polcaに挑戦してみての感想

以前からクラウドファンディングにはすごく可能性を感じていて、

自分もいくつかのプロジェクトを支援したことがあります。

 

今回は自分がpolcaで支援いただく側になったわけですが、

予想以上に人の善意にたくさん触れてテンパっています

 

というのも、支援金やSNSでの拡散ももちろん嬉しいのですが、

 

ブログを読んで「県外だけど手伝いに行きたい」とメールをくれる方とか、

使わなくなった道具を提供してくれる方などが現れてきているんです。

 

みなさんそれぞれのできることで支援してくださろうとして、

僕は何度「マジですか…!」と言ったことか。

本当にありがとうございます。

 

家入さんの本『なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。』で以下のような話があったんですが、

 

「5万円くらいなら自分でバイトしてなんとかしろよ」って言う人もいるけど、5万円くらいだったら500円を100人で出し合って、繋がった方が絶対的に面白いじゃ無いですか。

 

これの意味がわかり始めました。

 

ただお金を集めるだけじゃなく、

支援金300円〜を通してコミュニケーションが生まれ、

仲間も集まっていってることを僕は今まさに体験しています。

今後もpolcaやこんぴらさんプロジェクトの進捗はブログやSNSで随時発信していきます。

 

引き続きご支援のほど、何卒よろしくお願い致します。

 

この記事をシェアする

スポンサードリンク