公開日:

我が家のネコの戦闘スタイル

この記事をシェアする

我が家には、「チャイ子」という猫がいます。

 

チャイ子(♀)

 

これがなかなか可愛い奴で、

夜中に腹が減ればエサ箱をこじ開け、

眠たくなれば作業中のキーボードの上に寝転び、

遊びたくなればおもちゃを咥えくわてきて、仕事中の僕に訴えます。

 

かつて高野山では

「可愛すぎて、お坊さんが修行に集中できなくなる」

という理由で、猫の入山を禁止していたそうな。

 

お坊さんですらその可愛さにやられるのだから、

煩悩まみれの僕がそれに打ち勝てるはずがありません。

 

僕は仕事の手を止め、

「しょうがないな〜。5分だけだよ。」

と言って、20分くらい遊んでやるのです。

 

 

遊び方は大体いつも同じ。

 

物陰から敵(おもちゃ・指など)を見え隠れさせ、狩猟本能を呼び起こす…

 

そして、敵が見えなくなるその瞬間

 

チャイ子が飛びつく!

 

…けれど、チャイ子はうまく敵をとらえられません。

 

なぜなら、標的をしっかりと見ず、当てずっぽうに攻撃するからです。

 

 

しかしそんなことでは困ります。

我が家に侵入者(虫とか)が現れたら、しっかりと相対あいたいし、対処してもらわなければならないのだから!

 

ようし!

ならば敵が隠れない、正面対決の練習だ!

 

 

ジリジリと歩み寄る僕。

 

身をかがめ、臨戦体勢をとるチャイ子。

 

睨み合う両者の間に流れる、張り詰めた空気…。

 

 

 

 

来るっ…!!

 

 

 

 

 

えっ?

 

 

・・・・・。

 

一瞬、逃亡するのかと思いきや、

どうやら耳を後ろに向け、じっとこちらの気配を探っているようです。

 

 

 

 

いや見ろよ!

 

聞くよりも見たほうが絶対正確だよ!

 

 

 

はっ…!待てよ…

 

これはあえて後ろを向き、相手が油断して近づいてきたところを叩く作戦なのでは…!

 

きっと背後からの攻撃をものすごい反射神経でかわして、反撃する気なんだ!

 

 

そう、おそらくチャイ子の本来の戦闘スタイルは『カウンター型』

だから、自分から攻撃を仕掛けるのが苦手だったのでしょう。

 

 

なるほど。そう思って見ると、なんだか”達人”ぽいオーラが出ている気がしないでもありません。

 

「オレの間合いに入ったら 斬るぜ」とでも言いたげな背中です。ノブナガです。

 

 

 

おもしろい。

ならばこちらも手加減はしない!

遠慮なく背後から攻撃させてもらうぞ!

 

 

 

ガッ!!!

 

 

 

 

 

全然ダメじゃん。

 

この記事をシェアする

 
スポンサードリンク