スポンサーリンク

アプリ『Framy』で簡単合成!【アセットの作成編】


※以下の機能・内容は2016/12/26現在のものです。

 

『Framy』という無料のアプリで、簡単に人物を切り抜いて合成動画が作れるようになりました。

その名も「Pluck」機能。

 

Framyのダウンロード(iOS)

 

 

試しに動画作ってみました

 

 

 

動画の内容については深く考えないでください。

 

 

Pluck機能の使い方

 

このPluck機能は、選択した色を透明にする、いわゆるクロマキー的な機能です。

よくあるグリーンバックブルーバックで撮れば綺麗に抜けるんですが、背景が白い壁とかでも抜けるからすごい。

 

以下、合成素材を作る手順です。

 

1. アプリを立ち上げ、下の☆マークをタップ

 

2. 右上の「抜き取り」をタップ

 

3. その場で素材を撮影してもいいし、すでに撮影が済んでいる場合は左下をタップ。

 

4. 背景を抜きたい動画を選択し、下のバーで長さを調節します。そして右上の「NEXT」をタップ。

5. 動画がゆっくり再生され始めるので、透明にしたい部分の色をタップすると消えていきます。

細かいところは動画を停止させながら抜いていきましょう。

 

 

6. 抜けたら、右上の「DONE」で書き出し。

(※この最中、他のアプリを立ち上げたり、ずっと触らずに画面が暗くなると、切り抜きがリセットされるので注意)

 

書き出せたら、作ったアセット(合成用素材)が追加されます。これでアセットの作成は完了です。

 

綺麗に人物を切り抜くコツ

 

・背景は単色でシンプルに

先にも少し言いましたが、やはり背景はグリーンかブルーが一番綺麗に抜きやすいです。

その他の色だと、肌や髪の毛が消えていきます。

 

僕の場合は、布屋さんで買った緑の布を壁に貼り付けて撮りました。

そういった布が用意できない場合は、できるだけシンプルで綺麗な白壁の前で撮るのが良いと思います。

 

めちゃめちゃ光が当たるところがあったり、影ができるところがあったりといった、明暗の差もできるだけないようにしましょう。

 

もちろん背景と同じような色の服を着ると、人間も消えてしまいます。笑

 

 

・あまり素早く動かないほうがいい

 

素早く動きすぎると、ブレた体と背景との境界線が曖昧になり、綺麗に抜けなくなります。

合成って被写体が動いた方がおもしろいと思うんですけど、綺麗にクロマキーで抜くことも考えながら動きましょう。

 

 

次回の記事では、このアセットをどうやって合成していくかご紹介します。

 

Framyのダウンロード(iOS)

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク