銀三郎が使うソフト『Adobe Creative Cloud』でできること

[オススメ] 銀三郎が使うソフト
この記事をシェアする

僕含め、多くのクリエイターが使っているソフト『Adobe Creative Cloud』

仕事で使わなくても、SNSのちょっとした投稿をするときもいろいろ遊べて楽しいです。

 

(散歩中に撮った動画を加工したやつ)

 

オススメは、いろんなソフトがセットになった「コンプリートプラン」

 

このプランに含まれるソフトでどんなことができるのか、僕がこれまで作ったものでいくつかご紹介します!

 

Adobe Creative Cloudの購入はこちら

Photoshop(画像加工)

画像を加工したり、絵を描いたりするソフト。通称「フォトショ」。

 

例えば、ガチャガチャで引いたおもちゃを…

 

写真と合成して、漫画やアニメのワンシーンを再現したり

 

 

 

写真を加工したりするときに使っています。

 

YouTubeのサムネイル画像や、Facebookのバナーとかもこれで作ったりします。

 

この記事のアイキャッチ画像もPhotoshopで作りました。

Illustrator(イラスト作成)

その名の通り、イラストを描いたりできるソフト。通称「イラレ」。

 

僕は自分の家族をキャラクター化して

 

 

アニメにしたりします。

 

チラシとかの印刷物を作ったりするのにも活躍します。

After Effects とPremiere Pro(動画編集)

2種類の動画編集ソフトがあります。

両者の違いについて、公式HPから引用すると

After Effects は、素材となるクリップや画像、テキストなどを上下の階層に 「重ねる」 作業に適したアプリケーションです。それに対して Premiere Pro は、クリップを時間軸に沿って 「並べる」 作業に適しています。

 

個人的な感覚では、After Effectsは特殊効果をつけたり、人物を切り抜いて合成したり、イラストにアニメーションつけたりするソフト。

Premiere Proは動画素材を繋いで一本の動画にするソフトって感じです。

 

[作例]

豊富な種類。無料体験版もあり!

上記のほかにも、いろんなソフトがあります。

 

例えば…

 

『Animate CC』

カメラとマイクを使って自分の表情と音声をキャラクターにコピーしてアニメを作れる。

 

『Audition CC』

オーディオ編集ソフト。サウンドエフェクトを作成、ミキシング、デザインができる。

 

『InDesign CC』

印刷やデジタルメディア向けのページデザインとレイアウトの業界標準ツール。

 

などなど、20種類以上のアプリがコンプリートプランに含まれています。

 

無料の体験版もあるので、試しに何か作ってみては!

 

Adobe Creative Cloudの購入はこちら

この記事をシェアする

銀三郎が使う動画・画像編集ソフト
Adobe Creative Cloud