スポンサーリンク

アプリ『動画編集 – 動画作成 &動画加工 & 動画撮影』の基本的な使い方

この記事をシェアする

AppStoreで「動画編集」と検索すると、一番最初に出てくるこのアプリ。(2017年7月28日現在)

『動画編集 – 動画作成 &動画加工 & 動画撮影』

おそらく多くの方がインストールしてみると思います。

今回は、この『動画編集 – 動画作成 & 動画加工 & 動画撮影』の基本的な使い方についてご紹介していきます。

動画をインポートする

まずアプリを立ち上げたら、「動画をインポートする」を選択

movie-import

(「カメラ」を選択すると、カメラが起動してムービ−撮影ができます)

 

スマホ内の動画一覧が出てくるので、読み込む動画を選択します。

select-movies

 

読み込まれるとこんな画面になります。

 

selected-movie

 

さらに動画を追加する場合は、右下の「+」ボタンを押して同様に読み込みます。

トランジション

2つの動画の境目には、ボウリングのストライクマークみたいなのが出てきます。

transition

ここをタップすると、画面が切り替わるときの演出(トランジション)を変更できます。

トリミング

「トリミング」では、動画を任意の長さに調節できます。

画面左下の「トリミング」を選択。

trim-movie

 

水色に囲まれた動画のシーケンスが出てきます。

 

 

両端を指でずらして、任意の箇所を切り出します。

今回は半分ほどの長さに調節しました。

 

「完了」を押して、トリミング操作を終えます。

 

スポンサーリンク




速度調整

「速度」を押すと、その名の通り速度調整ができます。

slow-fast

音量調整

「音量」も同様に、動画の音量の調節ができます。

音楽をつける

「音楽」には、数種類の音楽が用意されていて、BGMとして設定できます。

music

動画のイメージに合わせて選択しましょう。

完成した動画を保存

動画が完成したら、画面右上のチェックボタンをタップ。

動画の書き出しが始まります。

 

書き出し終了後、↓のマークをタップ。

動画を保存したり、SNSでシェアしたりできます。

まとめ(良い点・微妙な点)

このアプリについての感想は以下の通り。

 

良い点

・操作が簡単

上で基本的な操作を説明しましたが、直感的に使えるアプリになってると思います。

凝った編集はできませんが、「切って繋いで」程度の編集ならこのアプリでも十分です。

 

微妙な点

・BGMを設定すると、動画の音声は消える

音楽を用意してくれているのはありがたいんですが、音声が消えてしまうのが残念。

 

 

以上、アプリ『動画編集 – 動画作成 &動画加工 & 動画撮影』のご紹介でした。

もっと凝った編集をしたい方向けに、他の動画編集アプリも今後紹介していきます!

この記事をシェアする

スポンサーリンク

VALUで集めた資金は、映像作品の制作費用に充てさせていただきます。