スポンサーリンク

無料のアニメ製作ツール『AnimeEffects』がマジでスゴい

この記事をシェアする

 

先日、Illustratorで描いたキャラをAfter Effectsに読み込み、アニメを作りました。

 

こちらがその動画↓

 

アニメといえば、こんな感じで何枚も絵を描いてパラパラ漫画にするイメージがあると思いますが↓

 

めっちゃサンタ描いてる #santa #christmas #サンタ #クリスマス

銀三郎(GIN)さん(@ginzablow)がシェアした投稿 –

 

santa-vine

 

 

今回は、別の手法「キーフレームアニメーション」で作成しました。

 

キーフレームアニメーションとは

以下のように、パーツごとに動きの始点と終点を決めると、

 

(始点)

(終点)

その間のフレーム(絵)が自動で補間され、アニメーションになります。

 

chaico-walking

これはかなり単純な動きですが、細かく設定すれば、より複雑な動きも可能です。

 

ただ、こういうアニメーションを作るソフト(AfterEffectsとか)って、なかなかいい値段がします…。

 

ところが!

 

After Effectsにも劣らない無料のキーフレームアニメーション製作ツールを見つけたのでご紹介します!

 

スポンサーリンク




『AnimeEffects』(アニメエフェクツ)

hidefukuさんという方が作られた、アニメーション製作ツール『AnimeEffects』。

直感的で使いやすく、機能も充実しています。

 

実際にAnimeEffectsを使って、チャイ子を走らせたものがこちら。

chaico-run2

チャイ子の細かい挙動はおかしいけど、初めての操作の割にすぐ作れました。

 

(名前似ているので、以降は『After Effects』を『アフターエフェクツ』と表記します)

AnimeEffectsの魅力

・豊富なツール

移動・拡大縮小・回転といった設定はもちろんのこと、ボーン変形、自由変形でアニメーションを製作できます。

anime-effects-bone

 

先述の通り、初めて触っても割とすぐにツールの使い方がわかります。

YouTubeでも一通りの説明をされていて親切。

 

 

・PSDファイルの読み込み

JPEGやPNGなどの画像ファイルはもちろん、PSDファイルも読み込めます。

これにより、レイヤー構造を持った画像を読み込んでアニメーションをつけることができます。

 

つまり、手や足といったパーツごとに、バラバラの挙動を設定できるわけです。

 

・WindowsとMacで作動

こういう便利なフリーソフトってWindowsに偏ってると思ってるんですが(偏見)、AnimeEffectsはMacでも使えます。嬉しい。

 

・様々な出力形式

連番画像やGIF画像、mp4など、用途に分けて様々な形式で書き出せます。

 

・何といっても無料

こんだけ充実した機能が揃っているのに無料です。

正直、有料でもいいと思いました。

まとめ

以上、無料のキーフレームアニメーション製作ツール『AnimeEffects』のご紹介でした!

 

自分が作ったキャラクターを思い通りに動かせるようになると、絶対楽しいですよね。

アニメーション製作に興味がある方はぜひ使ってみては!

 

AnimeEffectsのダウンロードはこちら

この記事をシェアする

スポンサーリンク

VALUで集めた資金は、映像作品の制作費用に充てさせていただきます。