【仙人と一悶着】ネットに載ってる不動産情報が契約時と違った話

スポンサーリンク
この記事をシェアする

 

先日、別の記事にも書いたのですが、土地を買いました。

 

 

売買を仲介してくれた不動産屋は、すごく人の良い おじいさん。

 

土地の活用方法を一緒に考えてくれたり、周辺住民との折衝をしてくれました。

また、不動産のことだけでなく、いろいろ勉強になるお話を聞かせてくれます。

あと大根くれました。

 

そんな彼のことを、

僕と嫁さんの間では勝手に『仙人』と名付けていました。

 

 

今では無事に土地の購入は完了し、

「これからどう手を入れていこうか」とワクワクしているんですが、

 

実は契約時に一悶着ありまして。

 

 

この土地、最初にネットで見たときは「上下水道あり」って書いてたんですよ。

 

ネット掲載時のスクショ

 

ところが契約日の当日。

 

売主、買主、仙人が揃って、

あとは重要事項を聞いて判を押すだけって時に、仙人が言いました。

 

 

「実は、改めて調べてみたら上水道は通ってませんでした

 

 

えっ

 

 

このタイミングでそれ言う?

 

水道の引き込み工事といえば、その料金の高さゆえに

「この見積もりは妥当ですか?」という質問が

Yahoo!知恵袋にたくさん寄せられるほどの懸念事項です。

 

 

戸惑う僕らの横で、

売主の おばあさん は特に反応無く、じっとしています。

 

仙人

「まあ引き込んでも安いと思うし、ご納得、いただけますか?」

 

 

 

 

ご納得できるかぁ!!!

 

 

 

と、言うべきところだったのかもしれない。

 

でも土地自体は気に入って買いたいと思ってるし、

 

“ここなら水道の引き込みにそんなに費用はかからない”

 

という仙人の言葉を信じて、結局、契約して頭金を払いました。

 

 

帰って友達に話したら

 

「いやそれキレていいよ」

 

って言われたけどね。

 

 

 

後日、仙人と電話したときに少し言ってみたら、

 

「不満があっても、もう解除はできないです。買うしかないです」

 

とのこと。

 

あまり値下げとか期待してなかったし、どうせ買うつもりだったから

「ですよねー」つって特にゴネずに諦めました。

 

 

それから数日経って、残金の支払いに行ったんですが、

仙人は電話後にいろいろ考えてくれたらしく、

 

「あれは私が確認を怠ったせいだ。先祖の前(仏壇がある部屋)で恥ずかしい仕事はできない。今回の仲介手数料は要らない。

 

と言われました。

 

「たった○○円の手数料のために信用を失うくらいなら、私は受け取らない」

と言っていましたが、その手数料は僕らにとっては大きな金額。

 

なんだか逆に申し訳なかったけど、ありがたかったです。

(売主さんからはきっちり手数料もらってたけど)

 

 

違和感を持った時は、空気を読まず一度ストップをかけれるようになろう。

特に契約とか結ぶ時はね。

 

今回の体験で反省しましたが、

やっぱり仙人は仙人で、良い人でした。

 

 

↓polcaの企画、残り5日です!!よろしくお願いします!!

この記事をシェアする

銀三郎が使う動画・画像編集ソフト
Adobe Creative Cloud 4,980円/月
スポンサーリンク
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin