スポンサーリンク

『おもちゃ王』が『踊る映像制作者』になるまで:銀三郎のプロフィール

この記事をシェアする

 

こんにちは。岡山で映像制作をしています、銀三郎(@ginzablow)です。

 

ふと思い立ち、自分の生い立ちを書いてみました。

自分でも「割とおもしろい人生歩んできたな」と思うので、ぜひ読んでほしいです!

 

簡単な自己紹介

名前:銀三郎(ぎんざぶろう)

生年月日:1988年11月28日

出身地:岡山県岡山市

職業:映像ディレクター(フリーランス)

趣味:動画作り、ダンス、麻雀

流行を先取る少年

 

「情報を制するものは、学級を制す」

 

インターネットが普及する前から、本能で情報の大切さを理解していた小学生の僕。

コロコロコミックやジャンプを誰よりも早く買い、おもちゃのトレンド情報を集めていました。

 

そして最新のおもちゃに片っ端から手を出し、その感想をクラスメイト達にシェア。

この手法を使い、転校してもすぐに友達を増やしました。

 

当時は

 

「『ビーダマン』『ミニ四駆』『ベイブレード』を学校で流行らせたのはオレだ」

 

と主張していましたが、大人になった今わかることは、

 

僕がいなくても流行っただろうな

 

ということです。

ダンスとの出会い

 

「高校に入ったら、絶対に弓道部に入るんだ!」

 

そう固く心に決めていた僕は、

 

気付いたらダンス部に入っていました。

 

弓道部の厳しそうな雰囲気にビビったのか、ダンス部に可愛い女の子がいたのか、ダンス部の方がモテると思ったのか。

僕は全く覚えていません。恐ろしいことです。

 

まあ小さい頃からよく踊っていたので、踊りは好きだったんだと思います。

 

しかしこのときの選択が、後の人生に大きく影響することになります。

 

ちなみにダンス部では最終的に部長になり、全国大会まで進出。

世界(アメリカ)大会には一歩及ばず、引退を迎えました。

『うらじゃ』で踊り狂う大学生活

 

岡山では毎年『うらじゃ』というものが開催されます。

いろんなチームが市内の各所で踊り、観客も55万人を超えるビッグイベントです。(高知のよさこいがイメージ近いかと)

 

僕は大学に入ってすぐ、うらじゃサークルの1つに所属。

県内・県外のいろんなお祭りにも積極的に踊りに行き、大学生活はこの『うらじゃ』にほとんどの時間を費やしました。

 

特に大学4年生の時は自分でチームを立ち上げ、

 

『銀鬼一家』(シルバニアンファミリー)

 

という、シルバーだけどかなりグレーな名前で参戦。

 

初出場のチームで最優秀賞を獲るという、うらじゃ界では初の快挙を成し遂げることになります。

世界一周で喋った英語は「Yes」と「No」と「◯◯」

 

大学4年生の後期。

単位を早々に取り終え、時間を持て余した僕は、世界一周の旅に出ることにしました。

本当に勢いで決めたので、貯金は当然無し。親から借金して行かせてもらいました。

(マジで幼少期から金がかかる息子…。父さん、母さん、ごめん。)

 

旅行中はできるだけお金を使わないよう節約の日々。

現地の美味しいものや、有料の施設などには簡単に手を出せません。

 

どうしても腹が減った時は、Wi-Fiが飛んでいるマクドナルドで情報収集しながら食事をとります。

 

これにより、意図せず世界中のビッグマックを食べるという旅になりました。

 

一周中にまともに喋った英語は「Yes」と「No」と「ビッグマック」

冗談みたいですが、本当に英語が喋れません。

 

それでも、いろんな人とコミュニケーションをとりながら、世界の一端を垣間見てきました。

就職、退職、そして起業

大学を卒業して、某通信業者の営業として働き始めました。

 

しかし、下手に刺激的な大学生活を送ってしまった自分。

漠然と「起業したい」という思いが湧き、たった3ヶ月で退職しました。

 

そうはいっても、特別なスキルなど何も持っていません。

 

でも、

 

「なんかオモロイことしてる人たちに会えそう」

 

という理由で、イベントや団体のオリジナルウェアを作るお店を始めました。

 

学生時代にお世話になった『うらじゃ』のチームTシャツなども作りながら、大好きな岡山を盛り上げていけたらと、今も事業を続けています。

動画投稿者になる

・おどってあそぼ

自分のお店の宣伝のために「動画を上手く使いたい」と思っていた起業当初。

ダンスが好きなこともあり、商品を着たダンス動画をYouTubeに投稿していました。

マジでこれは大して宣伝効果ありませんでした。

 

でもある時、某有名アーティストの振り付け解説動画を投稿したところ、再生数37万回を叩き出すという結果に。

これを皮切りに次々とリクエストが来るようになり、それに応えていきました。

 

このチャンネルは、のちに『おどってあそぼ』という名前で登録者10万人のチャンネルへと成長していくことになります。(現在は更新停止)

 

YouTubeの活動を通じて、いろんなYouTuberさんともご一緒することができています。

はじめしゃちょー と 劇団スカッシュのみなさん
デカキンさん と MEGWINさん
SEIKINさん と HIKAKINさん

 

・合成やトリック動画

最初はダンス動画を作るために学んでいた動画編集。

 

そのうち編集が楽しくなり、合成やトリック動画を作って投稿することに。

それが時々バズったり、賞をもらえたり、お仕事までもらえるようになりました。

 

そして『おどってあそぼ』をやめて、本格的に動画の勉強を開始。

現在は企業やアーティストのPV、ブライダル関係の映像を作らせてもらっています。

 

また、クリエイターとして#GROVEに所属もしています。

(僕が動画やメディアに出演する場合は、#GROVE経由のお仕事になります)

 

これまでの実績はこちら >

今後について

ダンス動画を含め、これまで500本以上の動画を作ってきて思うのは、

 

ただ動画を作って終わりではなく、たくさんの人に見てもらえる仕組み・メディア作りも大事

 

ということ。

 

なので、映像の勉強はもちろん、メディア運営やマーケティングなども勉強中。

どんどん実践・実験をしながら、自分の体験をもとに多様な企画や提案をしていきます。

 

また、このブログでは、仕事を通じて得た知識や考えなどを発信していきます。

 

『ワクワク』『共感』『ユーモア』をモットーに、おもしろいコンテンツを作っていくので、どうぞ今後ともよろしくお願いします。

 

 

以上、銀三郎のプロフィールでした!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

SNSなど

・Twitter (@ginzablow)

一番使っているSNS。仕事や日常のことを呟いたり、作った動画をアップしたりしています。


 

・VALU

少しずつ売り出していきます。

銀三郎のVALU >

 

・YouTube

だいたい週1ペースで、作りたいものを作ってアップしています。

銀三郎のYouTubeチャンネル >

この記事をシェアする

スポンサーリンク

VALUで集めた資金は、映像作品の制作費用に充てさせていただきます。