スポンサーリンク

「Ctrl + Z」で取り消せない恐怖【リノベーション】

この記事をシェアする

 

こんにちは。銀三郎です。

 

ここ2ヶ月ほど、自分たちで古家の改修(リノベーション)をしていました。

知人が安く貸してくれるその家に引っ越すためです。

 

といっても、まだ完成はしてないんですけどね。

 

今このブログを書いている部屋は木材や工具だらけ。

しかも部屋のど真ん中に冷蔵庫が仮置きしてあります。

 

img_2278

 

それでも風呂・トイレは使えるようにし、寝床も確保。

もう一つの部屋で普通に生活はできる状態です。

 

普段パソコンばかりしている僕は、ちょっと体を動かすだけでヘロヘロ。

嫁さんの方がパワフルに動いてくれて、実際ほとんど嫁さんがやってくれたと言っても過言ではない。

 

yome

 

また僕も嫁さんも素人なので、リノベに詳しい友だちに多大なる協力をいただきました。

かなり無理なスケジュールにもかかわらず快く協力してくれて本当に感謝感謝です。

 

床張り、壁塗り、荷物運び等々を手伝ってくれた家族や友人たちもありがとう!

 

sittsusan

 

これまで父が日曜大工しているのを見たり、少し手伝ったことはありました。

それでも初めての事だらけで、学ぶことがたくさん。

 

その中でも目が覚めたというか、ショックを受けたことがあります。

 

 

Ctrl + Zが使えない恐怖

 

パソコンって、ミスった時は「Ctrl + Z」(コントロールゼット)で元に戻せるじゃないですか。

 

リノベーションは、ミスっても取り消せないんです。

 

「何言ってんだこいつ」って思うでしょ。

 

いつもパソコンばかり触ってるせいで、感覚が狂ってたんだと思います。

 

「これネジ打ち込んだら、木も床も穴があくじゃん!ミスれねぇ!」

 

bibiru-gin1

 

「この一本◯◯円の木、ここを切ればいいの?切るよ?ホントに切るよ?ミスったらゴミになるよ?」

 

bibiru-gin

 

作業を始めたばかりの頃はこんなことばっか考えてました。

 

ネジ打つのミスった時に

 

「あ、Ctrl + Z」

 

って頭をよぎった時は正直ゾッとしたよね。

 

 

「ゲームばっかりやってると、現実とゲームの区別がつかなくなる」

 

とはよく言いますが、あながち間違いでもない気がしたよ。

 

 

まあ実際は多少ミスっても割と何とかなります。

それでも失敗に対して自分がこんなビビるとは思わなかった。

 

 

いつか読んだ本に(村上福之さんの本だったかな)

 

「(プログラミングで)nullなり適当な値を突っ込んで実行する」

 

ってのが妙に気に入って、肝に銘じてきました。

 

 

つまり僕の場合は、動画編集で迷ったらとりあえず適当に編集してみて、違うなと思ったらまた次の編集を試してみる。

とにかく手を動かして、トライ&エラーを繰り返すわけです。

 

あまりにそれに慣れたせいで、失敗に対する恐怖心が無くなってました。(正確には無くなったと錯覚していた)

 

しかしこの度のリノベーションで

 

「穴をあけたら、穴は消せない」

 

という厳然たる事実にビビったのです。

 

躊躇なく木を切り、穴をあけ、ぶっ壊す友だちを見て、単純に「すげー」と思いました。

 

sittsu-hakai

 

 

恐怖心を和らげる手段

 

何回も同じ作業をやってるとさすがに慣れてきます。

 

最初の段階でビビらず挑み、なるべくミスしない方法、それは

 

正確に準備すること。

 

長さを測って印をつけたり、最適な道具を選んだり。

事前に練習したり、知識をつけたりするのも準備の一つ。

 

正確な準備ができると、初めての事でも自信を持って実行できます。

 

こんな当たり前の事を、リノベーションで改めて思い知りました。

 

普段 失敗できるモノづくりをしている自分が、

失敗できないモノづくりをしたら、

こんなにビビるんだ。

 

あんまり準備に時間をかけすぎてスピード落としてもダメですが、準備って大事だなと思ったのでした。

 

 

おまけ

 

ヤスリのスキルを磨けばこんなこともできるようになります。

 

 

 

 

合成です。

 

この記事をシェアする

スポンサーリンク

VALUで集めた資金は、映像作品の制作費用に充てさせていただきます。