野球の知識が無い自分が、野球のルールを説明してみた

スポンサーリンク

この記事をシェアする

 

こんにちは、銀三郎(@ginzablow)です。

 

過去の日記を掘り出していたら、学生時代に書いたものを見つけました。

 

なかなか酷い内容だったので、自分で晒します。

 

あとでもう一度忠告しますが、野球が好きな人は読まないでください。

タイトル『無知と無関心』

日記って、その日の出来事以外だと、自分が興味のあることについて書くと思う。

 

趣味のダンスについてだったり、ニュースを見て感じたことだったり。

 

「じゃあ逆に興味のないこと書いたら、それって新しくね?」

 

って思った。

 

——

 

僕は自分でも好奇心旺盛な方だと思っているんですが、

今まで興味を持たなかったものの中に『野球』 があります。

 

この前、友達のKちゃんと後輩に

 

「俺野球のルール知らない」

 

って言ったら、

 

Kちゃん

「は?どうやって生きてきたの? 」

 

後輩

「マジなめくさってますね 」

 

って言われた。

 

 

僕にとっての野球らしき記憶は、

『小学生の時、同級生の女子の家に向かってボールを打っていた』

っていう最低な記憶くらいしかありません。

 

余談:日記を書いた当時、その女子がコメントくれてた

「てかねー!家にボール投げられた同級生の女子て私でしょ!?笑」

 

僕はKちゃんと後輩にバカにされてすげー悔しかった。

 

だからここで改めて、僕の知ってる野球について、

Wikipediaとか使わずに自力で野球のルールを書いてみたい。

 

ほんとに野球が好きな人には 

不快な思いをさせるかもしれないので 

これ以上読まないでください。 

 

忠告はしました。

 

書いてる本人は4割くらい本気で書いているので、

どうか寛容な心で読んでください。

 

 

– 野球のルール –

 

まず日本の野球界には

・巨人

・阪神タイガース

・関西高校

・トマコマイ?

 

っていう4つのチームがあります。

 

試合は15人くらいでやります。

 

試合会場には

 

ホーム、一塁、二塁、三塁、外野

 

という場所があり、 それぞれにメンバーを配置します。

 

これが守備です。

 

守備の1人にピッチャーという人がいて、

ホームにいる敵に向かってボールを投げます。

 

それを打ち返すのが新庄です。

 

ピッチャーはバッターに打たれないよう、

 

「フォーク」

 

という技を使って、ボールを打ちにくくします。

 

たまに使う

 

「デッドボール(死の球)」

 

という技は当たると死にます。

 

もしバッターがボールを打ったら、守備がボールを必死にとります。

 

ノーバンでとればアウト。

遠くに飛ばせばホームラン。

 

とったボールを、塁に向かうバッターより先に、塁の味方に投げると守備成功。

 

この時に審判が

 

「アウト」とか「セーフ」

 

って大きな声で言います。

 

これを繰り返し、攻撃側がホームに帰ると1人につき1点。

 

ホームランを打ったときには、塁にいる人みんなが帰れるので、その人数分だけ点数が入ります。

 

– 以上 –

 

間違いや補足があれば教えてください。

 

忠告したけど、不快な思いした人いたらごめんなさい。

 

嫌いなわけじゃないんです。

興味が無かったんです。

 

でもこうやって書いてみて思ったけど

 

 

野球、おもしろそうじゃん。

 

 

この記事をシェアする
 

スポンサーリンク

VALUで集めた資金は、映像作品やその他の活動資金に大切に使わせていただきます。